面倒な不動産売却をスムーズに|サクサク進める話し合い

ウーマン
このエントリーをはてなブックマークに追加

競売を避ける手段とは

相談

実勢価格で家を売れる

収入の減少などを原因として、住宅ローンの滞納が続くと抵当権を元に持ち家を債権者に差し押さえられます。これを防ぐためには任意売却、あるいは任意売買と呼ばれる手続きを取ることがよくあります。任意売却の特徴は、まず第一に第三者が調整役として債権者と債務者の間を取り持ち、売買契約を結ぶ点です。第三者は弁護士などの士業に就く人が一般的には担当しますが、不動産会社のアドバイザーなどが第三者になるときもあります。第二の特徴として、住宅ローンの残高をゼロにしたり、大きく減らせます。競売と違って実勢価格での売却が可能ですから、債務者の負担を大きく減らしてくれます。また任意売却後も身内などに金銭的な支援者がいれば、残った住宅ローンを支払いつつ、そのまま住み続けることも可能です。

売却費用も掛からない

第三者を仲介者として売買契約を結ぶ任意売却は、債権者と債務者、双方に複数のメリットがあるので、住宅ローン返済が滞った場合によく取られる手続きです。任意売却が人気の理由は主に3つあります。1つ目に競売に掛けられる価格よりも、大幅に高い市場価格で売却をできる点です。このため債務者は住宅ローンの残高と返済期間を大きく減らせ、債権者が回収できる金額が多くなります。2つ目の人気の理由が任意売却は周りの目を気にする必要がない、という点です。通常の不動産売買と同じ形式を踏むので、競売と違って周囲から奇異の目で見られることもなく、社会的ステータスを保てます。そして3つ目の理由が、売却費用がほとんど掛からないことです。仲介手数料なども話し合いで決め、その多くは減額してくれるので債務者は負担が少なくて済みます。