面倒な不動産売却をスムーズに|サクサク進める話し合い

ウーマン
このエントリーをはてなブックマークに追加

自宅を有利に売却する

硬貨

競売よりも高額の可能性

家のローンが苦しいけれどローンが残っている状態では手放せないと悩んでしまうかもしれませんが、実はローンが残っていても家を売却することは可能です。その方法が任意売却です。本来なら売却額よりもローンの残債が多ければ、手元からお金を出して不足分を充填しなければ住宅を売却することはできませんが、任意売却は家を売りたい人とお金を貸した側の間に専門家が入って仲裁を行うことで、住宅ローンの残債を全額支払わなくても家を売却できるという方法です。裁判所が行う競売とは違い、任意売却のメリットは市場価格に近い高値で売却できるという点です。住宅ローンの負担が大きくて家を手放しても良いと考えている人は、まずは専門家に相談してみましょう。

なるべく早めに

任意売却の相談には不動産に関する知識や銀行などの借入先との相談を粘り強く行ってくれる人を選びたいものです。任意売却の相談を行うには専門の知識や資格は必要ありませんが、税法や民法、弁護士法など多くの法律が関わってきます。そのため、専門家がきちんといる会社や団体を選んで依頼を行うようにしましょう。依頼した会社や団体の交渉によって、任意売却が成功したり失敗することもあり得るのです。また、借金の返済が苦しいと感じたら、早めに相談するようにしましょう。家をどうにか残したい、とずるずると相談に行くのを引き延ばしてしまうと、任意売却ができないタイミングになってしまうことがあります。不安を感じた場合には、相談だけでも行ってみましょう。